大洋石油ガス株式会社

9月20日 試合結果

9月20日、神奈川県立スポーツセンター球技場1で行われた、サッカー関東二部リーグ第7節、エスペランサSCは横浜猛蹴戦。


ここまでエスペランサSCは勝ち点9で3位、対戦相手の横浜猛蹴は勝ち点11で2位となっています。


残りが3試合。2位以上での昇格に向けて是が非でもこの試合は落とせなくなりました。


この日はここまで全試合スタメンだった、31番ディフェンダー徳武選手がイエローカード累積で試合出場停止のため、普段当社で働いている、18番山上選手がスタメン出場、また左サイドバックには、前節で活躍を見せた45番橋本選手が入りました。




前半開始早々、攻撃を仕掛けてきたのは横浜猛蹴。


エスペランサSCディフェンス陣のサイドの裏をロングパスで切り込み、エスペランサSCゴール陣営に攻め込みます。


前半7分、エスペランサSCゴールエリアすぐ右でファウルを奪った横浜猛蹴は、フリーキックからそのままヘディングで合わせゴール。


開始早々エスペランサSCはリードを奪われてしまいます。


その後エスペランサSCディフェンス陣は落ち着きを取り戻し、危ない場面でも果敢に相手攻撃陣に向かい、ピンチを防いでいきます。


攻撃陣も左サイドを中心に徐々に形を作り始めますが、なかなか決定的な場面は作れませんでした。


一進一退の攻防が続く中、均衡を破ったのはエスペランサSC。


前半35分フォワード10番古川選手が左サイドから持ち込み、ミッドフィルダー7番山本選手がシュート、こぼれ球をフォワード16番カベッサ選手が相手ディフェンス陣をかわし強烈なシュート。


これがゴールに突き刺さり1-1の同点に持ち込みます。


その後も攻め続けるエスペランサSC。


前半37分カウンターから横浜猛蹴ゴールエリアにミッドフィルダー11番矢野選手がボールを持ち込み、ゴールを狙います。


それに焦った横浜猛蹴がボールをクリアーする時にミスをし、それがそのままオウンゴールとなり、2-1。エスペランサSCが逆転。


そのまま前半は終わり、エスペランサSC1点リードで後半を迎えます。




小雨が降る中での試合になった後半、まさに息もつかせない展開となりました。


同点ゴールを目指す、横浜猛蹴はエスペランサSC陣営に攻め込みます。


エスペランサSCディフェンダー陣の裏を狙うロングボールを幾度となく放り込みますが、ゴールキーパー1番鈴木選手の好判断でピンチを防いでいきます。


またディフェンダー14番アラン選手、18番山上選手、45番橋本選手が身を挺して相手の攻撃を防いでいきます。




攻撃陣はミッドフィルダー8番アグスティン選手を起点に相手陣内に攻め込み、ミッドフィルダー11番矢野選手や7番山本選手がサイドから切り込みますが、なかなか決定的な場面は作れませんでした。


後半30分の飲水タイム後、オルテガ監督が選択します。フォワード10番古川選手をフォワードの位置から少し下げ、1点を守り抜くことにします。




その後も横浜猛蹴の猛攻が続きますが、この日のエスペランサSCイレブンの集中力は凄まじく、また交代選手も機能し何とか同点ゴールを許しません。




アディショナル5分が過ぎ、待ちに待った長い笛が吹かれタイムアップ!


2位との直接対決を見事に2-1で勝利しました!


これでエスペランサSCは横浜猛蹴をかわし勝ち点12で2位に浮上。


首位は勝ち点17で桐蔭横浜大学SC。3位は勝ち点11でtonan前橋、4位は同じく勝ち点11で横浜猛蹴となりました。




この試合では出場した選手全員動きが良かったです。


そしてオルテガ監督の采配がものの見事にはまった試合でした。


まずはイエローカードで試合出場停止の徳武選手をはじめ、大石選手、米倉選手の3人を代えた所です。


代わりに出場した山上選手、橋本選手、山本選手が機能し試合を組み立てていました。好調の選手を見極めて、役割をきちんと指示し、

また選手がそれに応えていた。見事な采配だと思います。




また後半30分から守備を意識したフォーメーションに変えたのも見事でした。


エスペランサSCは今リーグ、後半30分以降に失点することが多かったです。


2-1のスコア、そして後半30分。


残り時間を考えるとアディショナルタイムを含め20分近く、まだ試合時間が残されています。


守りに入って失点してしまうと、相手に勢いがつき、攻撃に再びいくことも難しい状況です。


あと10分くらいはフォーメーションを変えず、3点目を狙ってもいいのではと思っていました。


しかし結果的に、フォワード16番カベッサ選手以外を守備に回したことが功を奏しました。


全員で1点を守り抜くという意識が高まり、緊張感が20分続き、出場選手全員がまとまったように感じました。


まさにオルテガ監督の確固たる信念が選手全員に通じ、それが反映された素晴らしい試合になったと思います。




いよいよリーグ戦も残り2試合です。


次節は9月27日日曜日アウエー本白根第3グラウンドでザスパ草津チャレンジャーズ都の試合です。


キックオフは正午、ぜひエスペランサSCのホームページからライブ配信をご覧いただき、画面の前からエスペランサSCイレブンに熱い声援を送ってください!