大洋石油ガス株式会社

9月6日 試合結果


9月6日、ゼットエーオリプリスタジアムで行われた、サッカー関東二部リーグ第5節、VONDS市原ヴェルvs エスペランサSC戦。

エスペランサは8番アグスティン選手をカード累積での試合出場停止、前節後半から活躍をみせた、45番橋本選手、そして当社で普段勤務している18番山上選手がスタメンに加わりました。システムは3-5-2から、4-4-2に代えて挑んだ試合になりました。


雨でピッチが濡れスリッピーな状態の中始まった前半5分、市原のコーナーキックをゴールキーパー1番鈴木選手がこぼしたらボールを混戦で競り合いオウンゴールになり、先制を許してしまいます。


それからも攻め続けられてしまうエスペランサSCだったが、徐々に落ち着きを戻したディフェンス陣が決定的な場面を防ぎ、追加点を許すことはありませんでした。


前半20分間以降はエスペランサSCペースに。
10番古川選手のポストプレーからサイドに繋ぎ、幾度となく素晴らしい攻撃をみせましたが、残念ながら得点に結びつかず前半は0-1のまま終えました。


後半開始からは市原ペース。

後半11分、市原のフリーキックをエスペランサSCディフェンス陣が中途半端なクリアボールをしてしまい、相手にボールを奪われそのままゴール、0-2に。

後半なかなか攻めてを欠く中、エスペランサSCは攻撃面での交代を続けていきます。

そして後半26分カウンターからようやく攻撃が形になり、途中交代した25分寺内選手のゴールが決まり1-2に。

そして後半44分エスペランサSCコーナーキックからヘディングシュートが決まり、ついに2-2の同点になります。

さらにエスペランサSCは攻め続けますが、無情にもタイムアップ。3戦連続引き分けとなりました。


時より激しい雨があり、また強い日差しもあるという厳しい状況の中での試合。試合後は倒れこむ選手もいました。

今シーズンまだ勝ちがない相手に残念ながら勝てなかったとも、よく追い付いて負けなかったとも言える試合でした。


さぁ残りリーグは4試合。

現在2位のエスペランサSC、首位桐蔭横浜大学SCとは勝ち点2差、3位横浜蹴球とは勝ち点1差、4位さいたまサッカークラブとは勝ち点2差になりました。

2位までが絶対条件の昇格のためには、もう負けられないではなく、勝ち続けなければいけません!

とにかく前を向き、もう一度自分達のサッカーを見つめ直して、スッキリした勝ち試合を我々に見せて貰いたいと思います!


次回は9月13日かもめパークで首位桐蔭横浜大学SCを迎えての試合になります。

頑張れエスペランサSC!