大洋石油ガス株式会社

vol.3 秋の全国火災予防運動

こんにちは。冬本番に向けて少しずつ朝晩の冷え込みが強くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今回は、119日~15日の期間実施される『秋の全国火災予防運動週間』のご紹介をさせて頂きます。

上記期間は冬が近づき空気が乾燥し始め、火災が多くなる時期という事に加え、消防機関に通報する際の
「1・1・9」の語呂合わせにもなっています。

 

皆様が特に大きく関わるのは住宅火災ですが、2018年に横浜市で発生した住宅火災の
出火原因1位はガスコンロからの出火となっています。

Siセンサーコンロ(なべ底の温度を感知するセンサー)の普及によりコンロが原因の火災は年々減少していますが、
依然出火原因の大きな割合(23%)を占めています。

なぜ、ガスコンロからの出火が多いのでしょうか。

考えられる原因を2つ上げさせて頂きます。

 

理由① Siセンサー非搭載のガスコンロを使用している

現在は法律により、全口にSiセンサーを搭載する事が義務付けられていますが、
法改正以前のコンロにはSiセンサーが付いていない場合があります。

 

理由② 正しい使い方をしていない

最新のコンロの中には便利なオート調理機能がついた機種もございます。

調理中に火加減の調整をしなくてもいい非常に便利な優れものです。

しかし原則として、

・火を扱っているときは離れない

・コンロの周りに燃えやすいものを置かない

・コンロが汚損、破損した状態で使用しない

事を守って頂くようにお願い致します。

 

正しく使用してさえ頂ければ、安全で快適な調理を行う事ができます。

コンロについてもっと知りたい、コンロの買換えを検討しているという方は弊社までお問い合わせください。

【フリーダイヤル】0120-881-321

【お問い合わせフォーム】http://www.taiyou-group.jp/contact/

何卒宜しくお願い致します。