大洋石油ガス株式会社

なぜなにプロパンガス

ガス栓は使用時には全開で、使用後は完全に閉じてください。

  • LPガスをお使いになるときは、ガス栓を全開で、また外出するときやおやすみ前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
  • 使用していないガス栓には、必ずゴムキャップをつけてください。
    ※ヒューズガス栓をおすすめします。
  • 長期間ご不在になるときは、容器バルブを閉め、LPガス販売店にご連絡ください。
    配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。

    いつも青い炎でお使いください

    LPガスをお使いのときは、炎は必ず「青い炎」でお使いください。
    赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている炎です。

    換気に注意してください。

    • LPガスをお使いになるときは、ガス栓を全開で、また外出するときやおやすみ前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
    • 室内でガス器具を使用するときは、換気扇を回したり、ときどき窓を開けて十分に換気をしてください。
    • 小型湯沸器は長時間使用しないでください。
    • 自然排気式の屋内式ふろがまを使用するときは、換気扇を使用しないでください。(排ガスが逆流してCO(一酸化炭素)中毒を起こすことがあります)※給気口はふさがないでください。
    • 排気筒が壊れていたり、鳥の巣などでふさがれてしまうと適切な排気ができなくなります。こまめに点検しましょう。

    ※LPガスが燃えるためには、たくさんの空気を必要とします。換気が十分に行われないと、酸素不足や室内に排気ガスが充満して不完全 燃焼を起こし,有害なCO(一酸化炭素)を発生するため、たいへん危険です。

    ガスメーターは、お客様のガス使用量計測はもちろんのこと、様々なトラブルを検知した際にはガスを遮断し、お客様の安全を確保する役割も担っています。 ガスメーターは大きく分けて2つに分類され、膜式のS型メーターと超音波式のE型メーターがあります。我々大洋グループは、従来のメーターから最新の超音波式メーターへ順次移行を進めています。  

    ~4つのメリット~

    ①サイズがコンパクトに!
    外壁への負担が少なくなり、
    デザイン面も向上しました。

    ②復帰安全確認の時間が短縮!
    従来1~2分かかっていた(S型)復帰安全確認の
    時間が最短17秒に短縮されました(E型)。

    ③液晶でさらに見やすく!
    使用量の確認や、遮断の原因が
    分かりやすくなりました。
    ④サポートランプ搭載!
    明るく赤い矢印表示のサポートランプ搭載で、
    復帰ボタンの位置が分かりやすくなりました。

    ゴム管がはずれたとき

    使っていないガス栓を開いてしまったり、ゴム管のはずれなどで不自然に大量のガスが流れると、自動的にガスを遮断します。

    消し忘れたとき

    おふろのつけっぱなしなど、必要以上に使用時間が長いと、自動的にガスを遮断します。

    大きな地震が発生したとき

    感震器付きのタイプのものは、ガスを使用中に大きな地震(震度5程度以上)を感知したとき、自動的にガスを遮断します。

    【ご注意】ガスメーターでガスが止まったときは、ガスもれの疑いもありますので、ガス臭くないか、充分確認してください。

    復帰ボタンを押した後,ガスもれがないかどうかガスメーターが1~2分間、安全確認しています。異常がなければ、ランプ(または液晶)の点滅が消え、もとどおりガスが使えます。
    (なお、正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合はLPガス販売店にご連絡ください。)

    最新のE型保安ガスメーターの場合、中央の液晶画面右の黒いボタンをしっかり押して下さい。液晶画面の表示が約20秒間点滅します。異常がなければ、画面表示が消え、ガスを使用することができます。ただし、安全確認中にまだガスもれが続いている場合は再び遮断します。この場合は販売店に連絡して下さい。

    こちらで解決しなかった場合は、【フリーダイヤル】0120-881-321
    またはお問合せフォームよりお問合せください。