大洋石油ガス株式会社

社長挨拶

当社は昭和41年に、地域の販売店へのプロパンガスの安定供給をはかるために、大洋石油ガス株式会社を設立、鎌倉市腰越にLPガス充填工場を建設して卸売業務を始めました。
主なLPガスの供給先として、地域の販売店のほか、京浜急行電鉄の指定業者として京浜急行各駅及び関連施設(油壺マリンパーク等)や、日鉱金属 倉見工場並びに関連住宅群など、三浦半島から湘南西部(寒川町、茅ヶ崎)にわたる販売網を開拓しました。
昭和56年には、直販部門を分離して、大洋商事株式会社を設立、直販部門の営業と保全サービスの強化をはかり、現在約12,000軒のお客様へのLPガスの安定供給を行っております。常にきめ細やかな対応で、地域や社会のお役に立てるそんな企業でありたいと願っています。