大洋グループはお客様の生活に合ったプロパンガス・エコライフ製品の利用をご提案します

ガスについて LPガスのメリットや使用上の注意点、そして節ガスについてのご紹介

ホーム > プロパンガス事業 > ガスについて

LPガスのメリット

【LPガスにはメリットがいっぱい!】安全性が高い・環境にやさしい・設備費が安い・災害に強い

ご使用は、正しくいつも安全に

ガス栓は、使用時には全開で、使用後は完全に閉じてください。

  • LPガスをお使いになるときは、ガス栓を全開で、また外出するときやおやすみ前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
  • 使用していないガス栓には、必ずゴムキャップをつけてください。※ヒューズガス栓をおすすめします。
  • 長期間ご不在になるときは、容器バルブを閉め、LPガス販売店にご連絡ください。
  • 配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。
業務内容
 

いつも青い炎でお使いください

LPガスをお使いのときは、炎は必ず「青い炎」でお使いください。赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている炎です。

業務内容
 

換気に注意してください。

  • LPガスをお使いになるときは、ガス栓を全開で、また外出するときやおやすみ前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
  • 室内でガス器具を使用するときは、換気扇を回したり、ときどき窓を開けて十分に換気をしてください。
  • 小型湯沸器は長時間使用しないでください。
  • 自然排気式の屋内式ふろがまを使用するときは、換気扇を使用しないでください。(排ガスが逆流してCO(一酸化炭素)中毒を起こすことがあります)
    ※給気口はふさがないでください。
  • 排気筒が壊れていたり、鳥の巣などでふさがれてしまうと適切な排気ができなくなります。こまめに点検しましょう。
業務内容

※LPガスが燃えるためには、たくさんの空気を必要とします。換気が十分に行われないと、酸素不足や室内に排気ガスが充満して不完全 燃焼を起こし,有害なCO(一酸化炭素)を発生するため、たいへん危険です。

マイコンメーターはこんなとき、ガスを遮断します

ゴム管がはずれたとき

使っていないガス栓を開いてしまったり、ゴム管のはずれなどで不自然に大量のガスが流れると、自動的にガスを遮断します。

 

消し忘れたとき

おふろのつけっぱなしなど、必要以上に使用時間が長いと、自動的にガスを遮断します。

 

大きな地震が発生してたとき

感震器付きのタイプのものは、ガスを使用中に大きな地震(震度5程度以上)を感知したとき、自動的にガスを遮断します。

マイコンメーターはこんなとき、ガスを遮断します

【ご注意】マイコンメーターでガスが止まったときは、ガスもれの疑いもありますので、ガス臭くないか、充分確認してください。

マイコンメーターがガスを遮断した後、自分でできる復帰方法

マイコンメーターはこんなとき、ガスを遮断します
 

復帰ボタンを押した後,ガスもれがないかどうかマイコンメーターが1~2分間、安全確認しています。異常がなければ、ランプ(または液晶)の点滅が消え、もとどおりガスが使えます。 (なお、正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合はLPガス販売店にご連絡ください。)

 

最新のS型保安ガスメーターの場合、左中央の液晶画面下の黒いボタンをしっかり押して下さい。
液晶画面の表示が約1分間点滅します。異常がなければ、画面表示が消え、ガスを使用することができます。
ただし、安全確認中にまだガスもれが続いている場合は再び遮断します。この場合は販売店に連絡して下さい。

一般家庭に於いて、一時間当たりのガス消費量が一番多いのが給湯器。給湯器とはお風呂や食器洗いになくてはならない“お湯”を作る機器です。
今までの24号タイプ追焚機能付給湯器の最大消費量は61.0kw(2.18㎥/h)で、熱効率は約80%程度。最新の機器【エコジョーズ】では同タイプで54.0kw(1.93㎥/h)で熱効率は約95%!
一日30分給湯器を使用したとすると…
旧タイプでは1.09㎥、エコジョーズであれば0.96㎥。その差はわずか0.13㎥ですが、一ヶ月にすると0.13㎥×30日=3.9㎥!
更に熱効率の高さも相まって、ガス料金に換算すると1500円以上もお得になる計算!(※ご家庭の使用状況によります)

エコジョーズは追焚機能付給湯器に比べガス料金に換算すると1ヶ月で1500円以上もお得!

本体の価格は旧タイプより高価になっているけど、ランニングコストの削減を考慮すると、使う頻度にもよるけど、おおよそ3年くらいで元が取れちゃうかも!
最新機器については、当社営業マンがいつでもお伺いし、ご納得いただける説明をさせて頂きます。お気軽にお声掛けください!

マイコンメーターはこんなとき、ガスを遮断します
<お風呂に水を張ってから追い焚きで湯沸しする場合と、“ふろ自動”でお湯を張るのとどちらがお得?>
 

お湯を沸かすのに必要なガスの量は、一時間で11.2kw。湧き上がるまで20分掛かると仮定すると、必要なガスの量は0.13㎥です。
“ふろ自動”でお湯を張るのに必要なガスの量は、一時間で50.0kw。お湯を張るのにかかる時間を15分と仮定すると、必要なガスの量は0.44㎥です。
つまり、お湯を張るより水から沸かした方が、ガスの消費量は1/3以下になる計算です!
夏場は日中の水温上昇時に沸かす方が効率が良く、冬場は、沸かす直前に水を張りましょう。※エコジョーズのガス消費量で計算しています

 
  • ■沸かしたお湯を冷まさない!
    せっかくお得に沸かしたお湯も、冷ましてしまっては意味がありません。
    浴槽自体に保温材が付いている浴槽もありますが、ホームセンターなどで売っている保温シートを活用しても効果があります。
    また、保温と無駄な蒸発を防ぐため、浴槽には必ず蓋をしておきましょう。
  • ■掛け湯は湯船のお湯を利用。シャワーはこまめに止めましょう!
    初めに湯船のお湯で体に掛け湯をし、シャワーは石鹸などを洗い流す時に使いましょう。
    シャワーの出しっ放しはもってのほか。10分~15分シャワーを出しっ放しにすれば、浴槽が一杯になるくらいお湯を使ってしまうんです!
  • ■その他
    ご家族で入浴と入浴の間隔をあまり空けないようにし、お湯が冷めてしまう前に全員が入れれば追い焚きの機会も少なく、省エネになります。
    家族皆で入れば、家族のコミュニケーションもとれるし、一石二鳥かも?
マイコンメーターはこんなとき、ガスを遮断します
「ガス臭い」「ガスが出ない」時はすぐにご連絡ください。フリーダイヤル 0120-881-321